面白そうな文庫本を探す 綺麗な装画・イラスト

宮本百合子 伸子
カバー装画 加藤栄三

 

第一次大戦終結の年、まだ20歳の新鋭作家佐々伸子は、父親に連れられた渡米し、同じ大書きに籍を置く留学生佃と知り合う。伸子は周囲の反対をおし切って佃との結婚生活に入るが、小市民的な安住を求める佃の消極的な生き方に絶望し、やがて破局が来る ―。作者自身の7年間にわたる生活を素材にした自伝的作品であり、結婚における女性の自立の問題を追求した作者の代表作である。(新潮文庫カバー裏から)

page top