面白そうな文庫本を探す



<拓未 司さんの紹介>
1973年、岐阜県生まれ。大阪あべの辻調理師専門学校を卒業後、神戸のフランス料理店に就職。その後さまざまな飲食業に従事。第6回『このミステリーがすごい!』大賞受賞作『禁断のパンダ』(宝島社)にて、2008年1月デビュー。他の著書に『蜜蜂のデザート』(宝島社)がある。(宝島社文庫から)

 


 

禁断のパンダ(上)

拓未司 ソリマチアキラ 禁断のパンダ(上) 宝島社文庫
カバー装画 ソリマチアキラ

 

神戸でフレンチスタイルのビストロを営む料理人・柴山幸太は、レストラン評価本で最高の評価を得た店「キュイジーヌ・ド・デュウ」で行われる結婚披露宴に出席。そこで人間離れした味覚をもつ料理評論家、中島と出会う。料理に、ほんの一滴使用された隠し味を当てる幸太に料理人としてのセンスを認めた中島だが、この出会いの裏側では、美食界を揺るがす計画が進んでいた。第6回『このミス』大賞受賞作が文庫化!(宝島社文庫 裏表紙から)

禁断のパンダ(上) (宝島社文庫) [ 拓未司 ]

価格:523円
(2024/6/7 14:06時点)
感想(4件)



 

禁断のパンダ 下

拓未司 禁断のパンダ 下_1072
カバー装画 ソリマチアキラ

 

結婚披露宴の翌日、神戸ポートタワーで刺殺体が発見された。被害者の勤務先が、料理評論家・中島の義理の息子・義明が社長を務める会社ということをつかんだ兵庫県警捜査第一課の刑事・青山。さらには義明が失踪していることを知った青山は、不審な業務用輸入食品に着目し、専門家の力を借りるべく「ビストロ・コウタ」を訪ねることになった。港町・神戸を舞台に新進気鋭の料理人が覗く、美食界の闇とは!?(宝島社文庫 裏表紙から)

禁断のパンダ(下) (宝島社文庫) [ 拓未司 ]

価格:523円
(2024/6/7 14:07時点)
感想(6件)



 

 


 


 


 

 

page top