面白そうな文庫本を探す



<田辺聖子さんの紹介>
1928(昭和3)年3月27日、大阪に生まれた。1947年、樟蔭女子専門学校国文科を卒業。放送作家などを経て「感傷旅行」で1964年、第50回芥川賞を受賞。以後軽妙洒脱でユーモラスな小説を主体に、歴史エッセイ、軽評論、随筆等幅広い活動をしている人気作家である。(文春文庫から)

 


 

関西のことばを操り、軽妙な言葉のキャッチボールを取り込んだ文章を書いた作家という印象です。肩の凝らない洒脱な作品がお好きな方にお勧めです。

 


 

お聖どん・アドベンチャー

田辺聖子 灘本唯人 お聖どん・アドベンチャー 集英社文庫
カバー装画 灘本唯人

 

牧場のボスは小松左京氏、牧童頭は筒井康隆氏、飯炊き女はお聖さん?・・・・等々、登場人物はすべて実名。軽妙洒脱、抱腹絶倒!「デブデブ牧場」他7篇。いずれも現代社会への痛烈な風刺と批判のこめられた、おかしな未来小説。(集英社文庫 裏表紙から)

 


 

お聖さんの落語

田辺聖子 村上 豊 お聖さんの落語 角川文庫
カバー装画 村上 豊

 

男女間の色事ではじまり、人情の機微に触れ、煩雑な世事を皮肉り、時に説教をし、やっぱり男と女のお話に果てる。
卓抜した発想を、軽妙な大阪ことばで仕上げた笑いのフルコース。洒落た味わいのなかに、醒めて、したたかな文明批判がにじみでる。御存知おせいさんが新境地を拓いた、新作上方落語十一篇を収録。(角川文庫 見開きから)

 


 

無常ソング

田辺聖子 岡田嘉夫 無常ソング 講談社文庫
カバー装画 岡田嘉夫

 

母親の葬式で、和讃にギター伴奏をつける若者。その奔放さに中年男は苦々しい顔をする。「まあ、ええやないか」と分かりがいいのは坊さん。その若者も最後にはご詠歌、つまり無常ソングを合唱しつつ涙を流し、中年男をホッとさせる。冠婚葬祭をテーマに、巧みなユーモアで人生の哀歓を盛り上げた、独得の小説世界。(講談社文庫 裏表紙から)

無常ソング【電子書籍】[ 田辺聖子 ]

価格:550円
(2024/6/7 14:15時点)
感想(0件)



 

ラーメン煮えたもご存じない

田辺聖子 高橋 孟 ラーメン煮えたもご存じない 新潮文庫
カバー装画 高橋 孟

 

インスタントラーメンだって工夫ひとつでおいしく食べられます ―。
柔らかい心で生きなければと思いつつも、今日び余りにも馬鹿げたことばかりで疲れます。自分中心の若者の無礼なること、権力志向する男の愚かしき事、そして結婚だけが生きがいの女の鈍なること。しかしなぜか人生面白く人間商売やめられぬのだ。この恐ろしい世の中を、もっと柔らかい心で楽しく生きるための本。(新潮文庫 裏表紙から)

 


 

 


 


 


page top