面白そうな文庫本を探す 綺麗な装画・イラスト

葉室麟 花や散るらん_0537
カバーイラスト 中川 学

 

京の郊外に居を構え静かに暮らしていた雨宮蔵人と咲弥だったが、将軍綱吉の生母桂昌院の叙任のため、上京してきた吉良上野介と関わり、幕府と朝廷の暗闇に巻き込まれてしまう。そして二人は良き相棒である片腕の僧、清厳とともに江戸におもむき、赤穂・浅野家の吉良邸討ち入りを目の当たりにする事となるのだが。(文春文庫 カバーそでから)

 


 

<葉室麟さんの紹介>
1951年北九州市小倉生まれ。西南学院大学卒業後、地方紙記者などを経て、2005年『乾山晩愁』で第29回歴史文学賞を受賞し、作家デビュー。2007年『銀漢の賦』で、第14回松本清張賞を受賞。2009年『命なりけり』が第140回直木賞候補。同年、『秋月記』で141回直木賞候補および第22回山本周五郎賞候補となる。2010年『花や散るらん』が142回直木賞候補。2012年『蜩ノ記』で146回直木賞を受賞する。近著に、『おもかげ橋』『春風伝』『陽炎の門』『山桜記』『紫匂う』など多数。(文春文庫から)

 


 

葉室 麟さん その他の文庫本

銀漢の賦
散り椿
川あかり
潮鳴り
無双の花
柚子の花咲く
秋霜

page top