面白そうな文庫本を探す



<浅田次郎さんの紹介>
1951年生まれ。95年『地下鉄に乗って』で吉川英治文学新人賞、97年『鉄道員』で直木賞、2000年『壬生義士伝』で柴田錬三郎賞、06年『お腹召しませ』で中央公論文芸賞と司馬遼太郎賞、08年『中原の虹』で吉川英治文学賞、10年『終わらざる夏』で毎日出版文化賞を、それぞれ受賞。著書に〈天切り松 闇がたり〉シリーズや『プリズンホテル』『蒼穹の昴』『シェラザード』『憑神』『ま、いっか。』『ハッピー・リタイアメント』『降霊会の夜』『一路』など多数。

 


 

三人の悪党 きんぴか1

浅田次郎 多田和博 三人の悪党 きんぴか 1 光文社文庫
カバーデザイン 多田和博

 

阪口健太、通称ピスケン敵対する組の親分を殺り13年刑務所で過ごす。大河原勲、通称軍曹。湾岸派兵に断固反対し、単身クーデターを起こした挙句、自殺未遂。広橋秀彦、通称ヒデさん。収賄事件の罪をかぶり、大物議員に捨てられた元政治家秘書。あまりに個性的で価値観もバラバラな3人が、何の因果か徒党を組んで彼らを欺いた巨悪に挑む!悪漢小説の金字塔!(光文社文庫 裏表紙から)

三人の悪党?きんぴか1 完本?【電子書籍】[ 浅田次郎 ]

価格:825円
(2024/6/6 14:11時点)
感想(0件)



 

血まみれのマリア きんぴか2

浅田次郎 きんぴか2 血まみれマリア_1228

 

ピスケンが恋をした。お相手は、「血まみれのマリア」こと阿部まりあ。泣く子も黙る救急救命センターの看護婦長で、今まさに息絶えんとする重体患者を救うこと数知れず、の奇跡を呼ぶ女だ。あまりに意外な組み合わせに、驚きのあまり絶句する軍曹とヒデさん。一途で不器用なピスケンは、マリアのもとに通いつめるが・・・・。悪漢小説の金字塔、佳境の第2幕!(光文社文庫 裏表紙から)

血まみれのマリア?きんぴか2 完本?【電子書籍】[ 浅田次郎 ]

価格:825円
(2024/6/6 14:13時点)
感想(0件)



 

真夜中の喝采 きんぴか3

浅田次郎 多田和博 真夜中の喝采 きんぴか 3 光文社文庫
カバーデザイン 多田和博

 

草壁昭夫が殺された。広橋をスケープゴートにした大物政治家・山内龍造の悪行を報道した、あの気鋭のジャーナリストが・・・・。訃報を耳にした広橋は凍りつき、草壁に伝え忘れたセリフを口にするために立ち上がる。一方ピスケンと軍曹は、ヤクザと悪徳政治家が自己弁護と保身に走るなか、正義の暴走を敢行する。
三悪漢の破天荒な物語、ひとまず完結!(光文社文庫 裏表紙から)

真夜中の喝采(かっさい)?きんぴか3 完本?【電子書籍】[ 浅田次郎 ]

価格:825円
(2024/6/6 14:18時点)
感想(0件)



 

お腹召しませ

浅田次郎 宇野信哉 お腹召しませ 中公文庫
カバー装画 宇野信哉

 

婿養子が公金を持ち出し失踪。不祥事の責任をとりお家を守るため、妻子に「お腹召しませ」とせっつかれる高津又兵衛が、最後に下した決断とは・・・・。武士の本義が薄れた幕末期。男としての正念場を、侍たちはどう乗り越えたのか。表題作ほか全六篇に書き下ろしエッセイを特別収録。司馬遼太郎賞・中央公論文芸賞受賞作。(中公文庫 裏表紙から)

 

<収録>
お腹召しませ
大手三之御門御与力様失踪事件之顛末
安藝守様御難事
女敵討
江戸残念考
御鷹狩
エッセイ 時代小説という福音

 


 

ネタバレなしの読後感想

父祖からの昔語りを素とした物語のひとつひとつに、家族の不始末、時代の激変や “しきたり” に翻弄される武家の悲哀と矜持が描かれている。
一所懸命であるが故にどこか滑稽であり、心の奥底からの情がにじみ出てくる人物を描く手並みは、浅田次郎の真骨頂といえるだろう。その空想力の高さに舌を巻く。

 

『お腹召しませ』 婿の不始末の責めを負うために切腹を考え、家門を守るためにと妻子からも促される当主。非現実的なものとなった切腹をめぐる騒動の物語。

 

『大手三之御門御与力様失踪事件之顛末』 江戸城の門を守る与力が、勤番の際に失踪したことを密かに探る物語。現代の警察で帳場がたった時のような、大仰な題名に笑わされる。

 

『安藝守様御難事』 武家社会を維持するために考えられた “しきたり” に、訳も分からずに従順である新米の藩主を描く物語。「もはや形骸化している」といっても、旧弊に縛られるのは現代も同じ。

 

『女敵討』 公然に事実となっている妻の不義密通を知らされ、家門を守るために妻と密通の相手を斬ることを求められた当主の困惑を描く物語。

 

『江戸残念考』 戊辰戦争時の御家人の多くは、徳川慶喜に従い戦うこともなく、ことあるごとに「残念」を口にしていた。江戸開闢260年後の、御家人の武家としての矜持を描く物語。

 

『御鷹狩』 明治維新により頼るものを失い、自暴自棄となった御家人の刃傷騒動を描く物語。

新装版 お腹召しませ【電子書籍】[ 浅田次郎 ]

価格:704円
(2024/6/6 17:03時点)
感想(0件)



 

月のしずく

浅田次郎 佐々木悟郎 月のしずく 文春文庫
カバー装画 佐々木悟郎

 

三十年近くコンビナートの荷役をし、酒を飲むだけが楽しみ。そんな男のもとに、十五夜の晩、偶然、転がり込んだ美しい女 ― 出会うはずのないふたりが出会ったとき、今にも壊れそうに軋みながらも、癒しのドラマが始まる。表題作ほか、子供のころ、男と逃げた母親との再会を描く「ピエタ」など全七篇の短篇集。(文春文庫 裏表紙から)

 

<収録>
月のしずく
聖夜の肖像
銀色の雨
琉璃想
花や今宵
ふくちゃんのジャック・ナイフ
ピエタ

 

ネタバレ無しの読後感想

ほとんどすべての作家に作風がある。太宰治には太宰治の、夏目漱石には夏目漱石の、それぞれに独自の作風がある。
もちろん浅田次郎にも作風があり、それを強く感じる。浅田次郎節とでもいえるような独特のもので、状況の変化や投げかけられた言葉に揺れる心、行きつ戻りつするように揺れる心理の描写が卓越していると思います。
実際に人とはそういうものであり、どんなに一途に見えても右に左に、前に後ろに心模様が変化している人間が小説の世界に生きていることにより、より共感を覚えやすいのではないだろうか。
この短編集の一つ一つにも、そのような世界が広がっている。朴訥な中年男、過去の愛に未練を残す女と与える愛で優しく包む男、辛い過去を忘れ去ることで生きてきた男、他人の都合に諾々と生きてきた男女たちが、それぞれの人生を浅田次郎の世界で生きている。
人生にちょっと疲れた人は是非お読みください。

月のしずく 【電子書籍】[ 浅田次郎 ]

価格:652円
(2024/6/6 17:05時点)
感想(0件)



 

かわいい自分には旅をさせよ

浅田次郎 かわいい自分には旅をさせよ_1186
カバーイラスト 村田善子

 

人間本来の魅力は体力よりも体型よりも、年齢とともに備わる色気と知性である ― 四十を越えて美しさを増すシチリアのオヤジ達に心ひかれ、地球上のあらゆる道楽を堪能できるラスベガスの夜に人生を想う。日本を危うくする「男の不在」を憂いつつ、人気作家が自在につむいだ傑作エッセイ集。街道小説「かっぱぎ権左」特別収録(文春文庫 カバー裏表紙から)

かわいい自分には旅をさせよ【電子書籍】[ 浅田次郎 ]

価格:581円
(2024/6/6 17:05時点)
感想(0件)



 

シェエラザード 上

浅田次郎 シェエラザード 上_0718
カバー写真 ボンカラー・フォト・エイジェンシー

 

昭和二十年、嵐の台湾沖で、二千三百人の命と膨大な量の金塊を積んだまま沈んだ弥勒丸。その引き揚げ話を持ち込まれた者たちが、次々と不審な死を遂げていく ―。いったいこの船の本当の正体は何なのか。それを追求するために喪われた恋人たちの、過去を辿る冒険が始まった。日本人の尊厳を問う感動巨編。(講談社文庫 カバー裏表紙から)

シェエラザード(上)【電子書籍】[ 浅田次郎 ]

価格:814円
(2024/6/6 17:07時点)
感想(3件)



 

シェエラザード 下

浅田次郎 シェエラザード 下_0844
カバー写真 武藤守/世界文化フォト

 

弥勒丸引き揚げ話をめぐって船の調査を開始した、かつての恋人たち。謎の老人は五十余年の沈黙を破り、悲劇の真相を語り始めた。私たち日本人が戦後の平和と繁栄のうちに葬り去った真実が、次第に明るみに出る。美しく、物悲しい「シェエラザード」の調べとともに蘇る、戦後半世紀にわたる大叙情詩、最高潮へ。(講談社文庫 カバー裏表紙から)

シェエラザード(下)【電子書籍】[ 浅田次郎 ]

価格:814円
(2024/6/6 17:08時点)
感想(0件)



 

プリズンホテル 夏

浅田次郎 プリズンホテル 夏_1051
カバー原画提供 松井天狗堂

 

極道小説で売れっ子になった作家・木戸孝之介は驚いた。たった一人の身内で、ヤクザの大親分でもある叔父の仲蔵が温泉リゾートホテルのオーナーになったというのだ。招待されたそのホテルはなんと任侠団体専用。人はそれを「プリズンホテル」と呼ぶ ―。熱血ホテルマン、天才シェフ、心中志願の一家・・・・不思議な宿につどう奇妙な人々がくりひろげる、笑いと涙のスペシャル・ツアーへようこそ。(集英社文庫 カバー裏表紙から)

プリズンホテル 1 夏【電子書籍】[ 浅田次郎 ]

価格:495円
(2024/6/6 17:09時点)
感想(2件)



 

一路 上

浅田次郎 一路 上_1163
カバー画 山口 晃

 

失火により父が不慮の死を遂げたため、江戸から西美濃・田名部郡に帰参した小野寺一路。齢十九にして始めて訪れた故郷では、小野寺家代々の御役目・参勤道中御供頭を仰せつかる。失火は大罪にして、家督相続は仮の沙汰。差配に不手際があれば、ただちに家名断絶と追い詰められる一路だったが、家伝の「行軍録」を唯一の頼りに、いざ江戸見参の道中へ!(中公文庫 カバー裏表紙から)

一路 (上)【電子書籍】[ 浅田次郎 ]

価格:704円
(2024/6/6 17:10時点)
感想(1件)


 

一路 下

浅田次郎 一路 下_1160
カバー画 山口 晃

 

中山道を江戸へ向かう蒔坂左京大夫一行は、次々と難題に見舞われる。中山道の難所、自然との闘い、行列の道中行き合い、御本陣差し合い、御殿様の発熱・・・・。さらに行列の中では御家乗っ取りの企てもめぐらされ ―。到着が一日でも遅れることは御法度の参勤交代。果たして、一路は無事に江戸までの道中を導くことができるのか!(中公文庫 カバー裏表紙から)

一路 (下)【電子書籍】[ 浅田次郎 ]

価格:704円
(2024/6/6 17:11時点)
感想(1件)



 

終わらざる夏 上

浅田次郎 終わらざる夏 上_2211
カバー画 リトグラフ/野見山暁治「旅と雲」1991年

 

1945年、夏。すでに沖縄は陥落し、本土決戦用の大規模な動員計画に、国民は疲弊していた。東京の出版社に務める翻訳書編集者・片岡直哉は、45歳の兵役年限直前に赤紙を受け取る。何も分からぬまま、同じく招集された医師の菊池、歴戦の軍曹・鬼熊と、片岡は北の地へと向かった。 ― 終戦直後の “知られざる戦い” を舞台に「戦争」の理不尽を描く歴史的大作、待望の文庫化。第64回毎日出版文化賞受賞作。(集英社文庫 カバー裏表紙から)

終わらざる夏 上【電子書籍】[ 浅田次郎 ]

価格:556円
(2024/6/6 17:14時点)
感想(0件)



 

終わらざる夏 中

浅田次郎 終わらざる夏 中_1045
カバー画 リトグラフ/野見山暁治「旅と雲」1991年

 

片岡の一人息子・譲は、信州の集団疎開先で父親の招集を知る。譲は疎開先を抜け出し、同じ国民学校六年の静代とともに、東京を目指してただひたすらに歩き始めた。一方、片岡ら補充要員は、千島列島最東端の占守島へと向かう。美しい花々の咲き乱れるその孤島に残されていたのは、無傷の帝国陸軍、最精鋭部隊だった。 ― 否応なく戦争に巻き込まれていく人々の姿を描く著者渾身の戦争文学、中編。(集英社文庫 カバー裏表紙から)

終わらざる夏 中【電子書籍】[ 浅田次郎 ]

価格:556円
(2024/6/6 17:15時点)
感想(1件)



 

終わらざる夏 下

浅田次郎 終わらざる夏 下_1080
カバー画 リトグラフ/野見山暁治「旅と雲」1991年

 

1945年8月15日、玉音放送。国民はそれぞれの思いを抱えながら、日本の無条件降伏を知る。国境の島・占守島では、通訳要員である片岡らが、終戦交渉にやって来るであろう米軍の軍使を待ち受けていた。だが、島に残された日本軍が目にしたのは、中立条約を破棄して上陸してくるソ連軍の姿だった。 ― 美しい北の孤島で、再び始まった「戦争」の真実とは。戦争文学の新たなる金字塔、堂々の完結。(集英社文庫 カバー裏表紙から)

終わらざる夏 下【電子書籍】[ 浅田次郎 ]

価格:556円
(2024/6/6 17:17時点)
感想(1件)



 

蒼穹の昴1

浅田次郎 蒼穹の昴1_0934
カバー写真 PPS通信社

 

汝は必ずや、あまねく天下の財宝を手中に収むるであろう ― 中国清朝末期、貧しき糞拾いの少年・春児は、占い師の予言を信じ、科挙の試験を受ける幼なじみの兄貴分・文秀に従って都へ上った。京都で袂を分かち、それぞれの志を胸に歩み始めた二人を待ち受ける宿命の覇道。万人の魂をうつベストセラー大作!(講談社文庫 カバー裏表紙から)

蒼穹の昴(1)【電子書籍】[ 浅田次郎 ]

価格:792円
(2024/6/6 17:19時点)
感想(0件)



 

蒼穹の昴 2

浅田次郎 蒼穹の昴 2_0928
カバー写真 PPS通信社

 

官吏となり政治の中枢へと進んだ文秀。一方の春児は、宦官として後宮へ仕官する機会を待ちながら、鍛錬の日々を過ごしていた。この時、大清国に君臨していた西太后は、観劇と飽食とに明くれながらも、人知れず国の行く末を憂えていた。権力を巡る人々の思いは、やがて紫禁城に守旧派と改革派の対立を呼ぶ。(講談社文庫 カバー裏表紙から)

蒼穹の昴(2)【電子書籍】[ 浅田次郎 ]

価格:792円
(2024/6/6 17:19時点)
感想(0件)



 

蒼穹の昴3

浅田次郎 蒼穹の昴3_0982
カバー写真 PPS通信社

 

落日の清国分割を狙う列強諸外国に、勇将・李鴻章が知略をもって立ち向かう。だが、かつて栄華を誇った王朝の崩壊は誰の目にも明らかだった。権力闘争の渦巻く王宮で恐るべき暗殺計画が実行に移され、西太后の側近となった春児と、改革派の俊英・文秀は、互いの立場を違えたまま時代の激流に飲みこまれる。(講談社文庫 カバー裏表紙から)

蒼穹の昴(3)【電子書籍】[ 浅田次郎 ]

価格:770円
(2024/6/6 17:19時点)
感想(0件)



 

蒼穹の昴4

浅田次郎 蒼穹の昴4_0977
カバー写真 PPS通信社

 

人間の力をもってしても変えられぬ宿命など、あってたまるものか ― 紫禁城に渦巻く権力への野望、憂国の熱き想いはついに臨界点を超えた。天下を覆さんとする策謀が、春児を、文秀を、そして中華四億の命すべてを翻弄する。この道の行方を知るものは、天命のみしるし “龍玉” のみ。感動巨編ここに完結!(講談社文庫 カバー裏表紙から)

蒼穹の昴(4)【電子書籍】[ 浅田次郎 ]

価格:781円
(2024/6/6 17:20時点)
感想(0件)



 

地下鉄に乗って

浅田次郎 地下鉄に乗って_0705
カバー写真 オリオンプレス

 

永田町の地下鉄駅の階段を上がると、そこは三十年前の風景。ワンマンな父に反発し自殺した兄が現れた。さらに満州に出征する父を目撃し、また戦後闇市で精力的に商いに励む父に出会う。だが封印された “過去” に行ったため・・・・。思わず涙がこぼれ落ちる感動の浅田ワールド。吉川英治文学新人賞に輝く名作。(講談社文庫 カバー裏表紙から)

地下鉄に乗って 新装版【電子書籍】[ 浅田次郎 ]

価格:792円
(2024/6/6 17:21時点)
感想(0件)



 

中原の虹2

浅田次郎 中原の虹2_1176
カバー写真 PPS

 

半世紀にわたり、落日の清王朝を一人で支えた西太后が人生の幕を閉じようとするころ、張作霖や袁世凱は着々と力を蓄えていた。死期を悟った西太后が考え抜いて出した結論は、自らの手で王朝を滅ぼすということだった。次の皇帝として指名したのは、わずか3歳の溥儀。その悲壮な決意を前に、春児は、そして光緒帝は ―。(講談社文庫 カバー裏表紙から)

中原の虹(2)【電子書籍】[ 浅田次郎 ]

価格:880円
(2024/6/6 17:21時点)
感想(0件)



 

中原の虹4

浅田次郎 中原の虹4_1069
カバー写真 getty images

 

新生中華民国に颯爽と現れたカリスマ指導者・宋教仁。しかし暗殺者の手により時代は再び混乱し、戊戌の政変後日本に亡命中の梁文秀の帰国を望む声が高まる。極貧の中で生き別れた最後の宦官・春児と馬賊の雄・春雷はついに再会を果たす。そして龍玉を持つ真の覇者は長城を越える!魂を揺さぶる歴史冒険小説、堂々完結。(講談社文庫 カバー裏表紙から)

中原の虹(4)【電子書籍】[ 浅田次郎 ]

価格:880円
(2024/6/6 17:22時点)
感想(0件)



 

鉄道員

浅田次郎 鉄道員_0835
カバーイラスト 井筒啓之

 

娘を亡くした日も、妻を亡くした日も、男は駅に立ち続けた・・・・。映画化され大ヒットした表題作「鉄道員」はじめ「ラブ・レター」「角筈にて」「うらぼんえ」「オリヲン座からの招待状」など、珠玉の短編8作品を収録。日本中、150万人を感涙の渦に巻き込んだ空前のベストセラー作品集にあらたな「あとがき」を加えた。第117回直木賞を受賞。(集英社文庫 カバー裏表紙から)

鐵道員【直木獎名作?淺田次郎經典新譯】 鉄道員(ぽっぽや)【電子書籍】[ 淺田次郎 ]

価格:1129円
(2024/6/6 17:23時点)
感想(0件)



 

天国までの百マイル

浅田次郎 天国までの百マイル_0613

 

事業に失敗し愛する妻子とも分かれたダメ中年の城所安男。重い心臓病を患う老母を乗せて天才心臓外科医がいるという病院までポンコツ車でひた走る。母、水商売のマリ、元妻・・・・すべての人の思いとともに辿りついた先には切ない奇跡が待っていた。著者自らの経験を元に書かれたからこそ落涙必至、名作中の名作。(講談社文庫 カバー裏表紙から)

天国までの百マイル 新装版【電子書籍】[ 浅田次郎 ]

価格:740円
(2024/6/6 17:23時点)
感想(0件)



 

日輪の遺産

浅田次郎 日輪の遺産_1048

 

終戦直前、帝国陸軍がマッカーサーから奪った時価二百兆円に上る財宝が極秘裏に隠匿された。それは、日本が敗戦から立ちあがるための資金となるはずだった。そして五十年後 ―。一人の老人が遺した手帳がその真相を明らかなしようとしていた・・・・。終戦時の勤労動員の女生徒立ち、非命を帯びた軍人など、財宝に関わり、それを守るために生き、死んでいった人々の姿を描いた力作!(徳間文庫 カバー裏表紙から)

日輪の遺産 新装版【電子書籍】[ 浅田次郎 ]

価格:1122円
(2024/6/6 17:25時点)
感想(0件)



 

歩兵の本領

浅田次郎 歩兵の本領_1066
カバー写真 オリオンプレス

 

名誉も誇りもない、そして戦闘を前提としていない、世界一奇妙な軍隊・自衛隊。世間が高度成長で浮かれ、就職の心配など無用の時代に、志願して自衛官になった若者たちがいた。軍人としての立場を全うし、男子の本懐を遂げようと生きる彼らを活写した、著者自らの体験を綴る涙と笑いの青春グラフィティ!(講談社文庫 カバー裏表紙から)

歩兵の本領(『歩兵の本領』講談社文庫所収)【電子書籍】[ 浅田次郎 ]

価格:105円
(2024/6/6 17:25時点)
感想(1件)



 

霧笛荘夜話

浅田次郎 霧笛荘夜話_1269
カバーイラスト 水口理恵子

 

とある港町、運河のほとりの古いアパート「霧笛荘」。法外に安い家賃、半地下の湿った部屋。わけ知り顔の管理人の老婆が訪れる者を迎えてくれる。
誰もがはじめは不幸に追い立てられ、行き場を失って霧笛荘までたどりつく。しかし、霧笛荘での暮しの中で、住人たちはそれぞれに人生の真実に気付きはじめる ―。
本当の幸せへの鍵が、ここにある。比類ない優しさに満ちた、心を溶かす7つの物語。(角川文庫 カバー裏表紙から)

霧笛荘夜話 新装版【電子書籍】[ 浅田 次郎 ]

価格:704円
(2024/6/6 17:26時点)
感想(0件)



 

天切り松闇がたり(第3巻)初湯千両

浅田次郎 天切り松闇がたり(第3巻) 初湯千両
カバーイラスト 唐仁原教久

 

「武勇伝なんぞするやつァ、戦をしたうちにへえるものか」二百三高地の激戦を生きのびた男はそうつぶやいた・・・。シベリア出兵で戦死した兵士の遺族を助ける説教寅の男気を描く表題作「初湯千両」など、華やかな大正ロマンの陰で、時代の大きなうねりに翻弄される庶民に味方する、粋でいなせな怪盗たちの物語六編。誇りと信義に命を賭けた目細の安吉一家の大活躍。堂々の傑作シリーズ第三弾。(集英社文庫 カバー裏表紙から)

 

<目次>
初湯千両
共犯者
宵待草
大楠公の太刀
道化の恋文
銀次蔭盃

 


 

ネタバレなしの読後感想

 

スリの名人が束ねる盗っ人一家の面々が、世間が自由を謳歌していた大正の頃に起こした数々を最年少の松蔵が年を経てから留置所で拘留された者や看守、刑事、はたまた警察署長や警視総監に語るという形式の小説です。
義賊の誇りを持った松蔵がべらんめい調で語る内容は、お仕着せがましい説教教訓ではなく、弱い者への慈愛に満ちたものであり、義理人情を軽視する現代への戒めとなっている。
最初は言葉遣いに戸惑うかもしれませんが、直ぐに慣れてやみつきになるかもしれません。

天切り松 闇がたり 第三巻 初湯千両【電子書籍】[ 浅田次郎 ]

価格:495円
(2024/6/6 17:27時点)
感想(3件)



 

天切り松闇語り 昭和侠盗伝

浅田次郎 天切り松闇語り 
カバーイラスト 唐仁原教久

 

時は昭和九年。関東大震災から復興を遂げ華やかなモダン東京を謳歌したのも束の間、戦争の影が徐々に忍び寄っていた。ついに寅弥が我が子のようにいとおしんできた勲にも召集令状が届く。国の無体に抗おうと松蔵らが挑んだ企みとは? 激動の時代へと呑みこまれていく有名無名の人々に安吉一家が手をさしのべる五編。人の痛みを、声なき声を、天下の侠盗たちが粋な手並みですくいとる。(集英社文庫 カバー裏表紙から)

 

<目次>
昭和侠盗伝
日輪の刺客
惜別の譜
王妃のワルツ
尾張町暮色

天切り松 闇がたり 第四巻 昭和侠盗伝【電子書籍】[ 浅田次郎 ]

価格:495円
(2024/6/6 17:28時点)
感想(2件)



 

 


 


 

 

page top